おでこの汗が多いと皮脂も多く出てる?

皮脂と汗のバランスは異なる

体温調節のために汗の存在は必須であり、運動や外気に触れて体内に余分な熱が生成されたとき体外に放出することで熱量のバランスを取って体温を一定に保ってます。

 

 

その為汗をかくのが不快だからといって水分補給を控えることは熱中症や脱水症状の危険がるので注意しましょう。

 

 

しかし運動や気温が高い日でもないのに汗をかいてしまう多汗症という病気があり、人によってはこれが原因で社会生活に支障を来す恐れがあります。一般に何らかの疾患の症状のサインだったりしますが、多くの場合未だ原因がよくわかってない病気です。

 

 

体の一部分に大量の汗をかく局所性多汗症にならまされる人は多く、多汗症患者の約9割がそれに当てはまります。顔、特におでこの汗が多いと周囲に目立ちやすくどうにかして治療したいと考える人は少なくありません。

 

 

汗のほとんどは水分ですが、汗腺からは水分の他に皮脂が分泌されます。

 

発汗が多いと皮脂も多く出ているのかと言うと厳密には異なり、大抵は無色無臭の水分が滴り落ちるケースも存在します。

 

皮脂と汗の分泌バランスは異なります。

 

そもそも分泌される部分が違うのです。

 

そもそも皮脂は汗独特の臭い因子の一つであり、水分と共に皮脂が多く排出されると必ず臭いが目立ってしまいます。

 

 

厳密にはアポクリン腺から臭いを伴う汗が排出しますが、基本的に汗が多いと皮脂も多くなるのは異なります。

 

厚生労働省認可
【顔汗専用】美容液タイプの制汗クリームが完成しました。
>>詳細はこちらで御覧になれます。